スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い事いうねー







今日の武田邦彦氏の話はいいねー。

http://takedanet.com/2011/07/post_685c.html


大阪の橋下氏も
節電について、数字の意図を明確にせよ!

って言ったよね。

これって、少し前だったら社会的に葬られてるわよ。

それだけ電力会社と政府はグズグズべったりなんだから。

本当に電気代は高い。

今の日本は世界でも電気代トップクラスの高さだもの。

もう少し電力会社と政府が努力すれば、私たちも住みやすくなるのにね。

努力って、原発を作りなさいってことじゃないの。

彼らに流れるお金が、設備投資や自然エネルギー開発費等に回っていれば

本来もっと快適に暮らせていたのよ。

利権ってどこでも大きく、根深くなるからやっかいよね。



そうそう。

うちの近所も色々ガイガーで測ってみました。


おおむね日本分析センターと同じ結果なんだけど

風が強い日は、ミニホットスポットができるらしく

風が強い日の吹き溜まりのところで、0.2~0.5ぐらいの変動が起きる。


風が弱くなればまた0.05~0.15ぐらいの値になっている。

この間病院に行ったら肺炎の一歩手前で、安静にしていなさいと言われました(;;)

だからあまり遠出はできず、近所ばかりの測定になってます。。。



とりあえず、早めに市役所に動いてもらって(動く気ほとんどないみたいだけど)

線量計測地点を増やし、高い場所の除染をしていかないと

なかなか減ってくれそうにないです。


除染も色々な方法があって

①天地返し(土の下のほうを上に上にあったのを下に)
これは結局井戸水を使っているところが多い八千代市には向かないでしょう。
いずれ下にセシウムがしみて、地下水が使えなくなります。

②表土削除
これは処理施設がきちんとしていないので、一番やっかいな方法でしょう。

③ポリイオン&ゼオライト溶液噴霧
これは特殊な溶液を噴霧して、数日経って乾いたものをはがすやり方です。
農家の除染にはこれが一番いいと思われます。
表土を削る→溶液噴霧→固まるのをまつ→はがす

これで90%ほど土壌が改善されるという結果がでています。(先日報道されました)
問題はコストの面です。どれくらいかかるのか分かりません。

④土を新しくかぶせる
これもコストの面でどれくらいかかるかわからないのと
いずれは地下水を汚染するので、井戸水の多い八千代市には向きません。


この中には書かなかったけど

一般のお宅では、もし持っているのなら高圧洗浄機で洗い流す。
が一番効果的です。

デッキブラシでゴシゴシもいいけど、疲れるし高圧洗浄より効果が下でした。

それから草ボーボーは引っこ抜く。枝はばっさり切るとよいでしょう。(植物も可哀想だけど)

①と④は一般家庭でやるのにお勧めです。

井戸水を使っていなかったり、コストも大体は各家庭で出せる範囲だと思うからです。




ここの近辺は畑が多いです。野原も多いです。

そういう所にはアスファルトやコンクリートよりも放射性物質が溜まりやすいです。

雨が降ると更に土に沈着します。晴れるとパサパサになって舞いやすくなります。


ですからなるべく風の強い日は

窓を開けないでください。八千代市は風の町とも言われてます。

部屋の中が砂と放射性物質だらけになりますよ。

節電もいいけど

まずは自分たちの健康を守るのが先だと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:まり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。