スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの生活をどうするか。

放射性物質の大気線量は大分減りました。

しかし

何度も言うようですが(線量が低くなると油断するので)

本当に危険なのはこれからです。


ではこれからの生活どうするかといいますと


1.水はOK

2.牛肉はしばらく食べない。

豚肉と鶏肉は放牧?してなければOK。
鶏肉は鶏舎にいれられているので、まず安心。
豚肉は飼料にもよるけど、詳しいことが分からないので心配なら海外ものを。

3.牛乳は控える。

4.カリウム、カルシウム、鉄分の多いバランスの取れた食事をする。

5.食物繊維の多いものをとる。

6.アップルペクチンを取る。

ベラルーシの部屋のTさんともメールのやり取りをさせていただいて
お話を伺ったのですが、今現在有用なものといえばペクチン剤があげられるので
是非子供には飲ませておきたい。

ペクチンを取るには、他の栄養も排出されてしまうのでマルチビタミン、マルチミネラルも取る必要があること。
ベラルーシやウクライナでは長らく使用されているので
それなりの効果が期待できると思います。

しかし万能というわけではない。
吸着できなかったものは、それだけ内部被曝を排出されるまで起こすので
あとは個々の放射線に対する感受性に左右される。

内部被曝は外部被曝よりとてつもなく影響があると言われています。

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/de6dd90d1e88dc5de47a25b9d9ef5214

http://ameblo.jp/tangerine-k/entry-10909090286.html#main

汚染されていないものを取らないようにする、という事が第一なのです。

7.風の強い日はマスクをする。線量が少なくなってきても。

8.外から帰ってきたらうがい、手洗い、顔を洗う。(インフルエンザ対策と同じでよいです)



それと呼吸からの被曝は全体の約1%という文献がほとんどだったのですが
ガイダーセン博士やバズビー博士のお話にもありますが
ホットパーティクルによる呼吸からの被曝がかなり重要とのことでした。

参考はカレイドスコープの記事をお読みください。


色々な文献を読んだ結果

バズビー博士(ECRR)とガイダーセン氏の推測が正しいと思われます。
ICRPでは説明できないところが多々でてきてしまうからです。

気になる方は是非検索して、両氏の動画をご覧ください。


これから色々食品汚染が進んできます。土壌汚染も広がります。

海の汚染もどんどんひどくなります。
ベクレルではないのです。海での放射性物質の量が問題ではなく
食物連鎖による濃縮が怖いのです。


煽っているわけではありません。

そんなに焦ってもしょうがないよ、なるようにしかならないから

とおっしゃる方は結構です。

読まなければいいことです。

ただ出来ることをせずに、漫然と過ごし

貴重な時間を台無しにして

子供の将来をなくすのだけはやめて欲しいと思っています。


まるっきり駄目なことばかりではないのです。

問題が起これば、必ず解決できるものなのです。

ただ、その解決方法が思いつかなかったり、見ないようにしたり

知らなかっただけなのです。


皆が助け合い

知恵を出し合えばほとんどの事は解決できるはずなのです。



各自の責任になるので、それ以上はいえませんが。

国も自治体も何もやってくれません。教えてくれません。

自分の身は自分で守る時代なのです。



とりあえず

これでこのブログはやめます。


必要な情報は載せました。

ほんの少々の情報でしたが、きっかけには充分の量だと思います。


それでは皆さん拙いブログを読んでくださってありがとうございました。


また思いついたら何か書くかもしれませんが

とりあえず終わりにします。



追伸

髪の毛を根元から5センチ(1センチ1ヶ月として)以上10から20本ほど
採取しておいてください。
勿論採取した年月日、氏名、年齢、可能ならばどんな状況で採取したのかまでを記載して保管してください。

核種は髪の毛にも蓄積されます。

万が一数年後病気が発生した場合、それを分析することで
因果関係の証明に使えるからです。


スポンサーサイト
プロフィール

まり

Author:まり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。