スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セシウムを少し考えてみよう。







こちら基本的なことはとりあえずお勉強したので、もうちょっとお勉強したいと言われるかたにお勧め。

色んな専門の科学者の目から見た

放射線問題について書かれているものです。


JSA wiki 放射線被曝問題について(科学者の目)



あと気になる記事を

ベラルーシの部屋ブログから見つけました。

7/16の記事で

・内臓に蓄積するセシウム

・甲状腺にセシウムが蓄積する



私も膨大な資料の中で

この関係の図を見たことがあります。
(どこで読んだのか忘れてしまいましたので思い出したら後日掲載します。)

ヨウ素131で甲状腺癌になる。という話なのに

チェルノブイリでは半減期の早いヨウ素がなくなっても、甲状腺癌が増え続けたのは

どうも腑に落ちない・・・と思っていたところに図を見つけたのです。

ただ、裏づけが取れなかったので

ブログに載せませんでした。ベラルーシでその話になっているのが

分かった以上、やはりという気持ちがあります。

こちらでも紹介されています。

http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/296.html

今セシウム牛で騒がれていますが

やはり子供たちの甲状腺の被曝状態を
(内部被曝を)一刻も早く、関東のほうまで早急に調べるのがよいと思います。


今調べても、一番汚染されていた頃(ヨウ素131の最盛期)に測っていないと
あまり意味がないかもしれないです。

4ヶ月以上経ってから測定されても、正しい内部被曝量はわからないです。

内部被曝は外部被曝より何倍もDNAに影響を及ぼすのに

微量の放射性物質が尿から検出された、という認識がある限り適切な対処はしてもらえそうにないです。

甲状腺癌は良性が多い癌ですが、甲状腺を全摘出する場合

一生甲状腺ホルモンのお薬を飲み続けなければなりません。



0~9歳は特に放射線に対する感受性が高いので危険度が増します。

下の画像の上部の図を参照してください。

7f22ca37.jpg



今の国の状態をみても分かりますが、チェルノブイリというお手本があるにも関わらず

何が安全で何がダメなのか、はっきりしていません。

後出しじゃんけんで、対応が後手に回ってばかりです。



脳内の対応と実際の行動とは、ずれがあるはずなのに

それに気が付いていない

勉強ばかの役人が多いことが証明された感がします。

(人を馬鹿呼ばわりするのは嫌いですが、福島をあんなにした責任が主に東電と政府にあるので
どうも語気が強くなってしまいます。感情的な表現が不愉快に思われた方には申し訳ありません。
しかし、旦那の実家とは言え私の故郷をあんなにした罪は絶対ゆるせません。)



汚染度の拡大は今回のセシウム牛で分かると思いますが全国規模です。

東北、関東だけの問題ではありません。



このブログを見ることができるのならば

ある程度、ネットが出来る環境にいる人だと思います。

ご自分でも色々調べてみる価値はあると思います。


後の

3年(白血病の最短年)5年(甲状腺癌の平均発症年)10年(白血病等色々な癌が発症する年月)

安心して家族を見守っていられるためにも

是非ご自分でも行動なさってみてください。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まり

Author:まり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。